旧規格の消火器交換のご提案

消防法令に基づいて消火器の設置が義務付けられている建物等で、

2011年1月1日の規格省令改正により型式が失効している消火器を継続的に設置できるのは2021年12月31日まで。2022年1月1日以降は、型式が失効した消火器の設置は認められず、交換・リサイクルが必要となります。




消火器の確認ポイント


旧規格:適応火災のマークは文字表示 ②本体に設計標準使用期限が書かれていない


新規格:適応火災のマークは絵表示 ②本体に設計標準使用期限が書かれている


ご家庭等に設置している消火器については、交換義務はありませんが、 使用期限内での交換を推奨します。消火器の標準使用期限は約10年(住宅用消火器は約5年)です。

不要な消火器はどうすればいい?

お近くの窓口について下記URLをご確認いただけます:

消火器リサイクル推進センター WEB:https://www.ferpc.jp/accept/

詳細については弊社までお気軽にお問い合わせください。

12回の閲覧

最新記事

すべて表示